ようこそ、このページは日本共産党福津市議会議員大久保三喜男のサイトです

議長立候補 表明文

議長立候補 表明文

議長選に立候補にあたり基本的な考え方

大久保三喜男

平成23年6月21日

・6月20日(月)立候補にあたり、議会運営についての、全員協議会のなかで、基本的な考えを表明しました。その内容をお知らせします。

第1に 昨年の市議選において、ポスター代金の水増し不正事件がおきました。
そのため、市民の皆様に、議員と議会に多大な不信感を与え、信頼を失わせることになりました。
・二度とこのような、ことを起さないためにも、真相の究明を行い、再発防止策を皆さんと一緒に講じ、市民の信頼回復を図ります。
このことを、第一に約束をいたします。
・具体的には、「公費負担研究会」は特別委員会に位置付けし、そこで決定をしたいと考えます。

第2に、議会運営全般にわたり、民主的な運営にあたります。
・民主主義・議会制民主主義、人々がくらす上で、議会で合意形成の過程で当然のことです。

第3に、議会運営全般にわたり、公正、公平な判断をいたします。
・2番目に述べたことでもありますが、公正・公平な判断は民主主義・議会制民主主義の基本です。

第4に、市民に信頼される議会にするため、議会改革をすすめます。
・市民と議会の間に不審感などがあってはなりません。議会の改革をすすめ信頼される、議会運営を図ります(議会基本条例の制定は必要と考えます)。

第5に、議会運営は、党・会派・グループに偏重するのでなく、市民本位で公正な判断します。
・議会の運営や審議決定事項は、市民全体の利益を目的に運営・決定されることが基礎です。

第6に、議会運営は市民要求の実現に全力で取り組むものとします。
・市民の皆さんの要求を実現する。私たち議員の任務です。
・議会報告会の開催を地域別に開催し要求・報告を行うことを考えています。

第7に、議員の総意で決定したことには、確実に前へすすめます。
・議会運営で民主的に、議員の総意で決まったことは、議論を深めながら最終決定の方向へすすめます。

※立候補にあたり、議員の皆様に立会演説した内容です。議員として当然なことですね、当たり前のことではないでしょうか。今日で2日目ですが、議員の協力のもと議事進行をしています。
 今後ともよろしくお願いいたします。 ご報告まで

以上




かえる





a:2717 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional