ようこそ、このページは日本共産党福津市議会議員大久保三喜男のサイトです

3大発見

新年明けましておめでとうございます今年も昨年同様よろしくお願いいたします

 昨年は年末26日(日)投票で市会議員選挙がありましたので、猫の手を借りたいぐらいの猛烈な忙しさでした。
 当然のことです。私本人が市会議員候補者でありますので当たり前のことです。お陰さまで町議会議員を含めて、4期目の当選をさせていただきました。

 市民の皆様の一つひとつの要求を大切にして、その実現のため全力で頑張り抜きます。

 今日は、難いことは抜きにしまして、私の違う側面をご紹介いたしますので、驚かず、呆れず、馬鹿な奴だと思っても結構ですのでお付き合いください。

 新年、3が日。昨年の忙しさより解放され、のんびりと自宅ですごしました。独身ですので呑気なものです。
 年末31日に近所の支持者より、豪華な「おせち」を頂き、ストーブで暖をとり、ビールを飲みながら久々のご馳走を食している時、フト閃きがおこりました。

新年 大久保三喜男の 珍3大発見

1つ目は、ストーブを見つめている時、生卵を焼いて食べられるのではないか、どうなるかやってみようと実行したのであります。

 ストーブの上で、生の卵そのものを(6カ月過ぎの)、時々回転させながら焼くわけであります。生なので割れてしまっては元も子もありません。15分ぐらいかけましたが、恐る恐る殻を破りましたら、半熟の焼き卵になっており、食したら、それなりに美味しく食べられました。
 皆様、どうかお試しください。他人にそのことは言わない方が良いかもしれません。変わり者とか、馬鹿とか言われるかもしれませんので。どうぞ。

2つ目は、納豆料理のことです。

 冷蔵庫で6カ月を過ぎた納豆がでてきました。当然のことですが、カラカラに乾燥しています。捨てても良いのですが、ちょっと待てよ、乾燥はしているが腐っていない、食べられるはずである、では試して見ようということで鍋をつついていたので、それに放り込んで食べてみたわけであります

 うん、いける・食べられる、ちょっと硬さが残っていましたが十分に食べられる。
 乾燥納豆の発見であります。乾燥納豆・粉末納豆に、メーカーさん商品化したらどうでしょう?そこまでする必要ない!はい、すみません。

3つ目は、板コンニャクのことであります。

 これを言うと、いよいよ変わり者とか、馬鹿とか言われそうですが、ここまで申したからには言いましょう。コンニャクも冷蔵庫で6カ月以上たっているのでしょう?カラカラに乾燥していました。しかも、繊維を残し腑のような状態になっているのです。

 この乾燥コンニャクも鍋にポンと放り込んだのであります。元のコンニャクの状態に戻るか期待をかけての行為でありましたが、このコンニャク、時間をかけても元の状態に戻りません(結局1日かけても)。

 次の日、このコンニャクを食べようと試みましたが、歯がたたない。少しばかり水分は含んでいるが、まったく歯がたたないのであります。噛みきることができないのであります。

 コンニャクは、栄養もない、繊維ばっかりで整腸効果があるということは知っていましたが、正に、繊維ばっかりでしかも、噛み切ることさえもできない堅い繊維の集合体になっていたのであります(乾燥し熱を加えた?)。

 ともあれ、そのコンニャク。少し水分を含んでいたので、噛みながら水分を除き(味も素っけもない)、板状にして再度、乾燥させています。

 その乾燥状態のコンニャク、手で引っ張ってみましたが、強力な繊維の集合体になっているので引き千切ることができない状態になっています。

 ここで、考えました。粉末コンニャクの開発。また、紙の関係か、新資材の開発ができないものか、と発展的な思考を巡らしている新年であります。

 この覧、読んでも結構ですが、他人には言わないでください。
新年早々、議会広報委員会のメンバーに言いましたら、呆れられ、小馬鹿にされました。

 新思考、発展的思考のない奴らと、私は思っている訳であります。

失礼しました。


かえる





a:2750 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional