ようこそ、このページは日本共産党福津市議会議員大久保三喜男のサイトです

100415shisatu

行政視察報告(議会広報調査特別委員会)


                  平成22年4月25日

議会広報調査特別委員会 大久保 三喜男


平成22年4月15日(木)鳥取県北栄町議会

編集体制は
 6人、任期は2年で当方と同じであるが、注目すべきところは、「広報広聴常任委員会」であり、特別委員会ではないことである。平成21年10月から常任委員会になっている。
 主な理由として、他の常任委員会と同じか、それ以上に市民と接し、広く要求など聴く委員会であり、一時的な特別の委員会ではないとの理由からである。当方も常任委員会化と急ぐべきである。

編集方針では
 中学生でも読んでもらえるような内容にすることは、当方でも取り入れることが大切である。

掲載内容は
 テーマ-を決めて特集を組むや、一般質問はテーマ-ごとに編集するなど面白い方法である。

編集作業は
 議員よりメールにて原稿を受け、委員全員が原稿を共有し、レイアウトはプロジェクターなどで検討する。最終校正は、委員長・副委員長で校正するが、各委員もメールでデーターを送付され内容を確認するとしている。

なによりも、特筆すべき点は、完全なデーターを印刷業者へ渡すことである。印刷業者は、印刷のみ実施するとのことである。当方でも出来ないことはないはずである。このことは、広報委員会力、委員の前向きな努力で、できると確信する。

議会の内容をライブ中継している
 ピッカムというサーバーを使い、ピッカムのホームページを利用し、それを北栄町のホームページで流す、しかも無料であるとのこと。当方も取り入れ検討必要だ。取り入れようではないか。


平成22年4月16日(金)広島県坂町議会

発行日は
 定例会終了後の翌月1日発行である。当方より30日早い、まさに超特急の編集体制である。議員力、委員力、何事も議員の姿勢により実現できることである。当方で、できないことは、ないはずだ。

編集体制は
 原則、総務厚生委員会が「広報調査特別委員会」を担当している。なぜなら、議員定数が12人と少なく、総務関係が担当することが妥当としている。

編集作業は
 一般質問など全ページにわたり、委員会初日から委員が4日間でパソコン入力して業者入稿するとのこと。当方でもできるはずだ。

年1回は(3月議会)
 全ページカラーとしているその理由は、コンテスト参加のためであるとのこと。

企画記事は
 まちの声、議会のクイズ、一般質問の追跡記事など当方でも学ぶ必要があろう。

一般質問は
 一問目は半ページで顔写真付き、2問目も半ページとするが顔写真はつけていない。2問目の質問者は、全員の1問目の質問が終わってから2問目の質問をするようになっている。

特筆すべきものを簡潔に報告します。詳細は研修資料のとおりです。

以上



かえる



a:3079 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional