ようこそ、このページは日本共産党福津市議会議員大久保三喜男のサイトです

100604enzetsu

演説内容(6月4日~)

 みなさん、こんにちは。日本共産党の大久保三喜男です。
 普天間基地、「政治とカネ」、くらしの問題などで、国民の怒りに包囲されて鳩山首相が辞任し、菅直人氏が新しく総理大臣になりました。しかしみなさん、いま、いちばん大事なことは、政治の中身を変えることではないでしょうか。
 日本共産党は、国民の立場で、民主党政権の公約違反をきびしくただしてきました。アメリカや財界に堂々とモノを言える政党として全力でがんばってきました。七月の参議院選挙では、比例代表で日本共産党を大きく伸ばし、地元の仁比そうへい参院議員を再び国会に送りだしてください。福岡選挙区では、しのだ清を押し上げていただけますよう、 心からお願いします。

  みなさん。
  普天間基地問題で、民主党政権は「国外、最低でも県外」という公約を投げ捨て、沖縄県名護市のサンゴ礁(しょう)、辺野古の海を埋め立てて、新しい巨大基地をつくる方針を決めました。しかも、徳之島をはじめ、福岡の航空自衛隊築城(ついき)基地、芦屋(あしや)基地など、全国各地に米軍の訓練を移転する方向まで確認しています。民主党政権と「日米合意」を交わしたアメリカ政府は、誰が首相になってもこの約束に変わりはないとコメントしています。
  アメリカにきっぱりものを言えない政治では普天間問題は解決できない―いまや、このことが明らかです。移設先さがしではなく、普天間基地の無条件撤去を求めて、アメリカと堂々と交渉することこそ、唯一の解決の道ではないでしょうか。
  日本共産党の志位委員長は、五月にワシントンを訪れ、アメリカ政府に国民の怒りを伝え、普天間基地を無条件撤去するよう強く迫りました。今度の参議院選挙、国民の立場でアメリカにモノを言える政党はどこか、そのことがきびしく問われています。比例で日本共産党を大きく伸ばし、福岡選挙区からは、しのだ清を国会に押し上げてください。よろしくお願いします。

  みなさん。暮らしの問題はどうでしょう。
  ここでも民主党政権は、財界の圧力に屈し、公約違反の連続でした。
  世界に例のないお年寄り差別、後期高齢者医療制度は、廃止を4年間も先送りしたうえ、差別医療を行う年齢を広げようとしています。大企業の社会保険料の負担を軽くしろという経団連の要求に屈したからです。労働者派遣法の改正案も、財界代表の主張を受け入れ、「抜け穴だらけだ」、「使い捨て労働を温存する法案だ」と、怒りの声が広がっています。しかも、財界が「法人税減税」「消費税増税」を言い出したら、民主党の大臣から賛同の声が相次ぎました。財界・大企業にモノが言えない政治では、国民の暮らしは守れない―このことも、ハッキリしたのではないでしょうか。

   みなさん。
   日本共産党は、雇用や中小企業、社会保障を守るルールをつくり230兆円近い大企業のため込み金の一部を国民に還元すべきだと提案しています。日本経済(GDP)の六割を占める個人消費、国民のふところをあたためることで、内需主導の力強い景気回復の道がひらけます。
   また、日本共産党は、トヨタ、キャノンなどの大企業にも直接働きかけ、無法な派遣切りをやめよと迫ってきました。社会保障の財源は、大企業や大資産家優遇税制をあらため、5兆円もの軍事費にメスを入れれば、消費税増税に頼らなくても確保できます。いまこそ、財界や大企業に、国民の立場で堂々とモノを言う政治が必要ではないでしょうか。

   みなさん。
   参議院選挙では、アメリカにも財界にも、国民の立場ではっきりものを言う日本共産党、企業・団体献金も政党肋成金もいっさい受け取らず、「政治とカネ」の問題をただす、清潔な日本共産党を伸ばしてください。比例代表は日本共産党、福岡選挙区は「しのだ清」への大きなご支援を、重ねてお願いします。最後に、いまの政治の真実を伝える「しんぶん赤旗」のご購読をお願いして、訴えを終わります。ご静聴、ご協力、ありがとうございました。



かえる


a:2997 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional