ようこそ、このページは日本共産党福津市議会議員大久保三喜男のサイトです

1106gikaiippanshitumon

平成23年6月議会 一般質問 要旨

※6月20日 議長に選出されましたので22日に予定していた一般質問は取り消しとなりました。

平成23年6月22日

日本共産党 大久保三喜男


1、地震・津波に対する防災強化対策のまちづくりについて

 東日本大震災から3カ月。あまりにも多くの命が奪われました。
被害者の多くは、いまだに厳しい生活を強いられています。私たちにできることは、物心両面の支援であると思います。

 さて、わがまち 福津市、防災対策の見直し強化をし、市民の安全を守るための積極的な対策を図らなければなりません。

 福津市は「西山断層帯」、「警固断層帯」に挟まれています。「西山断層帯」は勝浦~八並~畦町~舎利蔵から宮若~飯塚へ、全体として長さは約31㌔で、北西から南方に延びる左横ずれ主体の断層で、海上にも対馬沖へ30㌔延びており、陸上・海底地震が連動する「対馬沖」で、マグニチュード8の地震が発生すると、津波を伴う大震災となり、多くの人命と財産が失われることになります。

 この地域には、津波はこない、行政も市民も「安全神話」の中に取り込まれているのではないでしょうか? 災害、大震災は人智の外から襲いかかります。

 一般的災害、地震。地震に伴う津波に対する防災対策、とりわけ津波に対する防災対策の対応を強く求めるものです。

 そこで、お尋ねいたします。どのようにお考えですか。

 地震・津波対応のハザードマップの策定と市民への周知徹底を図ること。

 海抜0m~6メートル地域の明確化と住民周知を図ること。

 地震・津波発生時の避難道路、退避場所の確保を図ること。

 津波の危険性がある保育園・学校の避難訓練。移転についての検討もすべきである。一般住民の避難訓練も当然のことである。


2、天神地域の飛砂防止対策について

 津屋崎の天神町地域では、季節的に海岸より、飛砂の吹き付けによる被害が発生します。道路に堆積して交通の妨げになり、事故の危険性もあるほか、目の病気になったり、家屋内に侵入したりして生活に障害が生じています。

 この原因は、自然現象災害以前のものです。防波堤の中に貸しボート業者の建物・ボートの放置があり、砂の除去ができず、砂が防波堤上部まで堆積し、その砂が風に飛ばされ被害が出ているもので、正に人災です。

 そこで、お尋ねいたします。どのようにお考えですか。

ボート業者の立ち退きを求めるが、市の見解はどうか。

防波堤上部まで堆積した砂の除去、新たに駐車場海側に防波(砂)堤設置を。

道路上の砂の除去を計画的に実施すること(海の家道路も含む)。


3、公費負担制度不正問題の進捗状況について

 昨年12月の市議選において、一部議員の不正請求が発覚しました。
市民の皆さんから多くの批判、𠮟咤を受けました。議会としても、行政の行っている「専門委員会」による調査に全面協力をしながら、議会議員自身も「公費負担研究会」で見直しについて研究している段階です。

 そこで、お尋ねいたします。どのようにお考えですか。

 専門委員会による調査方法と、その進捗状況及び最終報告の日程について。

 修正申告を認めた経緯について。

 今回、不正を認めた者の告訴を、市長はしなかったが、何故か。今後告訴をする考えはあるのか。


4、宗教団体「ひかりの輪」に対する住民の不安解消について

 オウム真理教から分派した「ひかりの輪」という団体が、当市、花見の里3丁目に福岡連絡所を開設して活動をしています(50歳代女性1人が常駐)。

 りっぱなホームページを開設し、連絡所、簡単な自己紹介や活動内容、など紹介していますが、「ひかりの輪」の前身は、6000人以上を殺傷、無差別大量殺人行為を行った恐怖のテロ事件、松本サリン事件や地下鉄サリン事件をおこした。

 その教義を引き継ぐ宗教団体の活動拠点が連絡所を置き活動することに、地域住民は強い疑念や不安があり、安心して暮らすことができません。

 そこで、お尋ねいたします。どのようにお考えですか。

どのような活動をしているのか。

警察・公安の観察対応はどのようなものか。

団体規制法・オウム新法による観察処分は平成24年1月に切れるが継続すべきである。その方針であるのか。

地域住民の不安解消、安心して生活するため立ち退きを求めるべきであるが、警察・公安当局はどのような方針があるのか。

 以上、質問要旨の報告をいたします。

尚、質問日時は6月22日11;30~14:00の間の予定です。
執行部の回答は後日お知らせいたします。

以上




かえる





a:3164 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional