ようこそ、このページは日本共産党福津市議会議員大久保三喜男のサイトです

201201nentouaisatu

新年のご挨拶

仕事はじめ職員に対して議長(大久保三喜男)の年頭の挨拶

平成24年1月4日

挨拶文

 新年明けましておめでとうございます。一言、ご挨拶させていただきます。



 昨年は市民の皆さん、職員の皆さんには、議会議員選挙で一部の候補者による不祥事で、大変ご迷惑をおかけしました。

 議会議員として、反省を基にして、今年は信頼を回復させる姿勢と行動で臨む覚悟であります。



 現在、日本の経済情勢のなか、今年も市民の暮らしは厳しい状況が続くと思われます。

 そのようななか、職員の皆さん、毎日市民と応対するわけですが、昨年に増し、市民奉仕の精神で業務に励まれることをお願いするものであります。



 行政の側も、議会の側も進む方向は、市民の幸福を追求することであります。ご一緒に、笑顔と希望で暮らせる、「職場」を「まち」を「社会」をつくろうではありませんか。



 年頭にあたり議会より、ご挨拶をさせていただきました。
本年もよろしく、お願い申し上げます。

以上



全員協議会での議長の(大久保三喜男)年頭の挨拶

平成24年1月4日(水)

挨拶文

 新年明けましておめでとうございます。年頭にあたり、一言ご挨拶をさせていただきます。


 昨年は、議会としても大変な年でありました。

 2月の臨時議会で新体制がスタートしましたが、
3月には、東日本大震災が発生、それに伴い津波が襲い、さらに追い打ちをかけるように、原発事故が起きました。まさに三重苦の事態が住民を襲いました。


 日本と日本人の考え方、日本が進む方向を変えなければならない大災害となりました。


 4月には一部の候補者による、ポスター不正請求事件が発覚をし、市民の皆様に大変ご迷惑をおかけし、議長が責任を取り辞職したため、6月に議長選挙が行われ、現在の体制になったわけです。

 昨年は、これらの対応に追われるなか、過ぎてしまいました。


 今年は、昨年の反省に立ち、市民の皆様に信頼される「議員・議会」にと「姿勢と行動」で示すときではないでしょうか。


 「雨降って・地固まる」と言われるように、「反省すべきは反省し」、「改めるべきは改め」、市民の皆様の施実な要求をとりあげ、その解決の方向へ全力を尽しましょう。


 私たち議員の「一挙手・一動向」を市民の皆様は見ています。

 初心に帰り、「市民こそ主人公の精神で行動」し、市民の皆さんが「希望と笑顔」で暮らせる福津市、日本にするため、今年1年、頑張ろうではありませんか。


 年頭のご挨拶とさせていただきました。本年もよろしく、お願い申し上げます。

以上


かえる






a:2132 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional